自動車もバイクのスピードには注意しよう

黄色の車

乗れたらいいなぁ原付バイク

紫の車

原付バイク、乗れたら便利だなーって時々思います。
わざわざ車で行くほどの距離でもなく、そんなに荷物もなさそうな気軽な買い物のとき。
なんとなく風にあたって気分をリフレッシュしたいときには、自転車みたいにこぐ必要がないので
気楽に出かけられます。
通勤や通学の途中、必死で坂道を立ちこぎしなきゃいけない自転車よりもバイクなら楽々のぼれます。
バイクに乗れたら新聞やメール便配達、ガスや電気の検針、ヤクルトや牛乳配達のお仕事も始められ、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

あれこれ便利な原付バイクですが、幼い頃のトラウマがあって私は乗れません。

小学校4年生のとき、私は母とバイクで出かけました。
母がちょとした用事を済ますのにエンジンをかけたままバイクを置いていきました。
私はその時どう思ったかわかりませんが、エンジンがかかったままのキーを回してしまいました。
バイクは急発進し、商店のガラスドアを突き破って店内で止まりました。
私はその後どうしたか、母はその時どうだったか全ての記憶は真っ白で、もうバイクは嫌だ!
という思いだけが今でも強烈に残っています。

近所の農家のおばさんが、荷台に大根や菜っ葉をたくさん積んでバイクに乗って悠々と通り過ぎていくのを横目に、私の心の中にはいつも苦い思い出がよみがえってきます。

PICK UP

TOP