自動車もバイクのスピードには注意しよう

黄色の車

バイクの洗車について

黒い車

オーナーの皆さんはバイクの洗車を常日頃から行なっているだろうか?
寒い時期でどうしても躊躇するというのは分かるのだが、寒くてあまりバイクに乗らない時期だからこそ洗車というのは大事なのだ。
誰かがバイクは生き物だと言っていたが正にバイクは生き物そのものなのだ。
車と違ってバイクは走り続けなければ正常な状態を維持できない、ほんの数週間エンジンをかけなかっただけで何かしらの不調が生じて動かなくなるなんてこともざらにあるのだ。
洗車というのは整備の基礎といわれる初歩的なのだ、普段目にすることのない部分をきちんと目を凝らして洗車することに寄って不調な箇所に気づくことができるしトラブルを未然に防ぐことが出来る。
エンジンに変なオイルが流れた後が付いていたり、タイヤがひび割れていたり、ナンバーのネジ外れていたりとトラブルの予防のために洗車というのは非常に大事な作業なのだ。
洗車するときの注意点だが、電装品が車と違ってむき出しなので出来る限り電装品の辺りは水をかけないようにする、マフラーのエキパイ付近などはブラシで強く擦ってしまうとせっかく付いた焼き色がズルっと落ちてしまうため丁寧に優しくタッチするように柔らかい布で拭き上げよう。
最近では安価な高圧洗浄機が手に入る用になったが、高圧洗浄機の水圧は想像以上にすさまじいもので使う際は、車体の頑丈な部分やホイール周り程度に留めておき、数メートル離れた箇所から洗浄するようにしよう。

PICK UP

TOP